スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛鳥寺と蘇我氏(大人の遠足情報)

2011/01/30 Sun

大人の遠足情報のその2です

石舞台古墳を見て、飛鳥鍋を食べたあとは今回のメインテーマである飛鳥坐神社で行われる
「おんだ祭り」の見学ですが、このお祭りは文章にするのがとても難しいのです。
ひとつだけ、プチ知識として、おんだ祭りを感じで表すと「お田植祭り」だそうです。

このお祭りはだいたい3時頃に終了して、そこで現地解散となるのですが
せっかく飛鳥まで来てそのまま帰るのはあまりにももったいないと思いませんか?

そこで、私のおすすめは

「飛鳥寺」!
飛鳥寺


飛鳥の代表的なお寺の一つがここ飛鳥寺です。

飛鳥寺は588年に百済から仏舎利(遺骨)が献じられたことにより,蘇我馬子が寺院建立を発願し,596年に創建された日本最初の本格的な伽藍配置の寺院です。
 壮健当時は法興寺とよばれた蘇我氏の氏寺でしたが、平城京遷都とともに移転し,元興寺と名を変えました。このとき,飛鳥寺に使われていた建築材も運ばれ再利用されました。瓦もそのまま使われ,現在でも元興寺の屋根として残っています。しかし,大仏は本元興寺と名を変えた飛鳥寺に残り寺が焼失したあとは。安居院が1828年に建てられ,この大仏を安置しています。

元興寺の屋根瓦がこれです
元興寺

飛鳥大仏がこれ
飛鳥大仏
現存している中で日本最古の仏像です。
他の仏像と違うのは、手の指と指の間には水鳥の足のようにひだがついていて繋がっていること。これは、何人たりとももらさず救い上げるという仏の教えを表しているそうです。

ここまでが、普通の解説で
ここから先は私の妄想の世界ですので軽く聞き流してください(笑)

さて、この飛鳥寺は」蘇我馬子が発願して建立された本格的な伽藍配置をした日本最古の寺院である事は先に述べましたが、

さて、この飛鳥寺(法興寺)の初代館長は誰だったでしょうか?
 
正解は、蘇我馬子の長男で、蘇我善徳(そがのぜんとこ)だったといわれています
なぜ、「だったと言われています」という表現なのか?

実は蘇我氏の系図に載っていない事があるのです。
その為に、実は蘇我蝦夷であったのでは?
という解釈も存在しています。

実際、日本書紀の記述にも善徳が飛鳥寺の初代の責任者であったという他には
この人物が全く出て来ない。
言ってみれば、歴史から消されてしまっています。

この謎の人物が何故か気になる。

どこが?

それは、、
名前です。

蘇我氏といえば、
有名な名前は
馬子、蝦夷(毛人)、入鹿
そのどれもが蔑称、つまりあまりいい意味の名前ではないのです。
それなのに、なぜこの人だけが、「善」、「徳」といういい文字があたえられているのか?
馬子や蝦夷、入鹿も本当の名前でなく、日本書紀が編纂された時に名前がかえられたのでは?
という説もありますが、それならなおさらおかしくないでしょうか?

それともうひとつ、

善徳とよく似た名前の謎の人物
仏教を暑く保護し、
蘇我系のお寺の主人となった
とても有名な人物。

実在しなかったのではと言われている
聖人と讃えられているその人、


そう!

聖徳太子に似ていると思いませんか?

聖徳太子=蘇我善徳

あくまでも妄想ですが何故か気になります。


そんなこんなことを思いながら配管する「飛鳥寺」

また、違う見方が出来るのではないでしょうか?



スポンサーサイト

石舞台古墳

2011/01/29 Sat

いよいよ、第2会大人の遠足が迫ってきました。

今回の舞台は飛鳥、ここで飛鳥鍋を食べておんだ祭りをみるのですが、
先ず、一番最初に訪れる予定が
「石舞台古墳です」
isibutai
石舞台古墳の説明をします
石舞台古墳は蘇我馬子桃源墓 (そがのうまことうげんぼ)といい、花崗岩で出来た玄室が露出しています、
玄室は、長さ約7.7メートル、幅約3.5メートル、高さ約4.7メートル、羨道は長さ約11メートル、幅2.5メートルもあり、約30の石が積まれ、その総重量は2,300トンに達すると推定されています。
これらの石は、約3キロメートル離れた、多武峰のふもとから運ばれたのだそうです。
蘇我馬子の墓だというのは、『日本書紀』の推古天皇三十四年(626年)五月の条に「大臣薨せぬ。仍りて桃原墓に葬る」とあるため、蘇我馬子は「嶋大臣」(しまのおおおみ)とよばれていましたし、古墳のある場所が嶋の庄とよばれている事からです。

石舞台という以外に地元では「石太屋」(いしふとや)、「石蓋」(いしぶた)などの名前で呼ばれていたそうです。「
また石舞台とよばれるのは「狐が女の姿に化けて古墳の上で踊ったことから石舞台と名付けられた」というでんせつからきているそうです。


玄室の周りの盛り土がはがされているため、その形がどんな物であったかが、はっきりとはしていないのですが
2段になっており上部は円形であったと思われます。

下部については、方形であった可能性が強いのですが。八角形であったという説もあるそうです。

え!!八角形!?

と思った方もおられたはず。

というのも、昨年の末に話題になった
「牽牛子塚古墳」
今まで方形墳墓であると思われていたのが
調査の結果、実は八角形である事がわかり
斉明天皇のお墓であった事が確認されたというのです

以前は、天皇陵と言えば「前方後円墳」とおもわれていたものが
六角、八角も天皇、もしくは皇室関係のお墓であるというのです。

それなら、

石舞台が上円八角墳だとしたら、

埋葬されていたのが誰なのか?

いや、
もしかしたら、蘇我馬子は実は天皇だったのでは?

いろいろ想像(妄想)して楽しくなってきますw

スカラベ

2011/01/26 Wed

先日の私のブログ
「鹿のフン」
大変好評のようで
多くの方々からツイッターやfacebookでコメントを頂きました。

コメントを頂きました皆様、ありがとうございました。

ところで、

ひとつだけ気になったコメントがありましたので
ここで紹介させていただきます。

「こんにちわ。特に春日山のルリセンチコガネムシって天然記念物で、全国から収集家が春日山から外れて出てくるのを捕獲にきてるんですよ。」

どうして、こんなことをするのでしょう?

このコメントを見て頭に浮かんだのが

「ルーミスシジミ」です。

国の天然記念物に指定され
特に春日山原生林で
多くの個体が群生していた
この珍しい蝶は
春日山での捕獲禁止が決まった直後の
伊勢湾台風の後
ほとんど姿を見る事はなく
現在、春日山では
絶滅、もしくは絶滅に瀕していると考えられており、
残された唯一の生息地の
千葉県では
マニアによる乱獲が後を絶たないそうです。

こういう話を聞くと悲しくなってきます。
少し珍しい色で生息地が限られている為に
天然記念物に指定され
マニアの注目を浴びる事になり
絶滅して行く
なんともいいようがありません。


もう一人の方のコメントが
私のこんな気持ちを
助けてくれました

このようなコメントです

「誰もが嫌がるフン掃除をしているから、神様が美しさをあたえてくれはったんでしょうね?」

いい言葉でしょ!

春日山のルリセンチコガネは
神鹿である
奈良公園の鹿のフンを掃除している
だからこそ
この美しい色を得る事ができたんでしょうね^^

そんな虫を捕獲している人達!
そんなことをしていると
天罰がくだりますよ!




奈良弁または大和言葉 その1

2011/01/25 Tue

今日は奈良の言葉について

おとろしい、まわりする、かく、いらう、ごんた、おてしょ、まくれる

わかりますか?

おとろしい→面倒くさい、よく似た言い方で「うたてえ」というのもあります
まわりする→準備する
かく→持つ、持ち上げる
いらう→触る(名古屋ではなぶるといいますねw)
ごんた→言う事を聞かない子供
おてしょ→小皿
まくれる→転ぶ

これ全部わかったかたは、かなりの奈良通です。

先日も奈良弁について盛り上がったのですが
奈良弁を定義しようとすると結構難しいのです。
「~でなあ」という言葉一つとっても
~でみい、~でやあ、~でよお。と何通りもあるのです

どうも気になる

で、少し調べてみた所

同じ奈良でも
奈良盆地と山間部で違う様なのです

私の場合、母が盆地、父が宇陀出身なので
両方の言葉を聞いて育ったので
違和感なく聞いていたのですが

「そのような面倒な事は言わないでください」を、
盆地では
「そんな、うたてこといわんとき!」
宇陀では
「そないおとろしこというたらあかんげよ」
のような違いです。

あと、面白いのは
奈良全域で言えるのが
ザ行とダ行
たとえば、
像さんがどうさん
ムカデがむかぜ
など。

不思議なのが「マムシ」
毒蛇のマムシですが

私の住んでいる奈良盆地の東の端では
「はめ」
宇陀に行くと
「はび」
になります

奈良は奥が深いのです

そして、もっと山奥の十津川に行くと

なんと標準語のイントネーションになっているのです!

これには驚きましたw


お水取り

2011/01/23 Sun

奈良の春を告げる「若草山の山焼き」も終わりました。
私は仕事でほんの少ししか見れなかったのですが、
帰りの電車から見る「山焼き」も迫力があって良かったですよ!

新しい山焼き鑑賞スポットですw

ところで

次の奈良の大きなイベントと言えば

東大寺二月堂のお水取り!!

起源を調べてみたら
「二月堂縁起」によると、天平勝宝3年(751年)東大寺の開山、良弁僧正(ろうべそうじょう)の弟子の実忠和尚(じっちゅうかしょう)が笠置山の山奥で、天人の住む天界(兜率天 とそつてん)に至り、そこにある常念観音院で天人たちが十一面観音の悔過を行ずるのを見て、これを下界でもしたいと思い、始めたのだそうです。

正式には、東大寺修二会(しゅにえ)というそうですが、
そのクライマックスと言えるのが
3月12日の「お松明」
籠松明という特大の松明を持って二月堂の舞台を走り回り、振り回すというもの!
この火の粉を浴びると無病息災になるということで
多くの方が詰めかけます。

しかし、二月堂って国宝じゃないの?
こんな所で火を持って走り回ったら?
と思い調べたら
案の定、江戸時代に一度焼失してるそうです

やっぱり

お水取りの名前の由来は
本尊に供えられたり、供花の水として使用する香水とよばれる水を
二月堂の中にある閼伽井から汲む儀式の事をさしているのですが
この閼伽井、別名を若狭井というそうです。
若狭の遠敷明神(おにゅうみょうじん)が神々の参集に遅れたお詫びとして二月堂本尊に献じられたと伝えらています。、
今でも遠敷明神の神宮寺であった若狭小浜市の若狭神宮寺では今もこの井戸に水を送る「お水送り」(3月2日)の行事が行われているそうです。
一度見てみたい行事です。

ところで、

若狭と聞いて
頭に浮かんだのが
「継体天皇」

継体天皇とは先代の武烈天皇に後嗣がなかったため、越前から「応神天皇5世の孫」であることから
迎えられて、群臣の要請に従って即位したということですが、

若狭から奈良へ
なんだか関係があると思えませんか?
それとも、
僕の妄想か?

そんな事を思いながら観る
「お水取り」もおもしろいかも?




鹿のフン

2011/01/23 Sun

奈良と言えば、真っ先に思い浮かぶのが鹿でしょう。

鹿を見る事が出来るのは奈良公園周辺ですが、
ここにいる鹿は神鹿と呼ばれて
大切にされています。

ところで
奈良公園周辺には約1200頭もの鹿がいて
奈良を訪れる人の目を楽しませてくれています。
鹿は動物ですから、当然、フンをしますよね!
これだけの鹿の糞、量はすごいものでしょう。
放っておいたら、奈良公園が鹿の糞で埋もれてしまう!
たいへんです!

だれが、どうやって処理してるのでしょうか?
「鹿のフン」というお菓子にして売っている?
これは形の似たお菓子ですw

正解は、センチコガネという昆虫なのです。
いわゆる、糞虫とか糞転がしと呼ばれている虫です。

へ~っ!なるほど!と思っていたら
さらに面白い事見つけました!

普通、センチコガネというと、
黒や茶色の地味な色をしているのですが、

滋賀、京都、紀伊半島に分布している物は
緑色に光るきれいな個体が多いのです
こんな色
   ↓↓

images.jpg

さらにさらに!
奈良公園を含む春日山周辺には
さらに珍しい青く輝くこんな個体が!!
   ↓↓
050914oosenti6070_convert_20110123100659.jpg

この個体は、ルリセンチコガネと呼ばれる
奈良の春日山周辺だけの固有種なんだそうです!
さらに!
日本のセンチコガネは糞を転がす事がないため、
フンコロガシとは呼ばず、
糞虫とよばれているそうですが

奈良のルリセンチコガネは
なんと、糞を転がす事が出来るのです。
理由は簡単!
鹿のフンが丸くてころがしやすいから(笑)

冗談のような本当の話です。

フンコロガシといえば
古代エジプトでは
「スカラベ」とよばれ
王家の紋章に使われる程大切にされていたのですが
遠くは慣れた奈良に
スカラベがいるなんて何とも不思議なことですね

第2回大人の遠足(飛鳥を楽しもう!)

2011/01/06 Thu

あけましておめでとうございます!

久しぶりの更新です。

今回は、第2回大人の遠足のおしらせです。
今回は「飛鳥を堪能!飛鳥鍋とおんだ祭り見学」です。

飛鳥鍋はご存知ですか?

日本に乳製品が入ってきたのは、なんと、飛鳥時代なのです
聖徳太子や蘇我馬子が食べていた蘇もじつは乳製品。

飛鳥時代に唐から来た渡来人の僧侶が、寒さをしのぐためにヤギの乳で鍋料理を作ったのが最初と伝える明日香の郷土料理です。
でも、さすがにヤギの乳は無理なので、牛乳をベースに鶏肉や野菜等で作られてます。

え!?牛乳の鍋?と思われるかもしれませんが、牛乳臭さはなく、意外とあっさり、でも、コクがあって暖まる。
寒い冬にぴったりの鍋だとおもいませんか?

石舞台古墳を見学した後は
近くの夢市茶屋で飛鳥御膳をいただきます!
飛鳥鍋
ほっこり暖まったあとは、
奇祭「おんだ祭り」!
どんな祭りかは見てのお楽しみです。
そのようすをちょっとだけ
おんだ祭り



おんだ祭りを見た後は、
自由行動。
近くには「飛鳥大仏」や甘樫丘などもあります。

こんな遠足を企画しています。

集合時間は2月6日「橿原神宮駅」に10時

今回も素敵なパンフレットをご用意しています。

参加費は、食事代、石舞台見学料、パンフレット代等で
\1500頂きます。

お問い合わせ、参加希望等は
twitterをしておられる方は
@daimondooまで
そうでない方は、このブログまで、

ご参加お待ちしています。
プロフィール

ダイモン

Author:ダイモン
なまえ;ダイモン
奈良生まれの奈良育ち
猫好きです、サラリーマンです。
猫雑貨作ってます。イラスト大好き

同居猫
クキナ キジ猫 ♀
マルコ 白猫 ♀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。