スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石舞台古墳

2011/01/29 Sat

いよいよ、第2会大人の遠足が迫ってきました。

今回の舞台は飛鳥、ここで飛鳥鍋を食べておんだ祭りをみるのですが、
先ず、一番最初に訪れる予定が
「石舞台古墳です」
isibutai
石舞台古墳の説明をします
石舞台古墳は蘇我馬子桃源墓 (そがのうまことうげんぼ)といい、花崗岩で出来た玄室が露出しています、
玄室は、長さ約7.7メートル、幅約3.5メートル、高さ約4.7メートル、羨道は長さ約11メートル、幅2.5メートルもあり、約30の石が積まれ、その総重量は2,300トンに達すると推定されています。
これらの石は、約3キロメートル離れた、多武峰のふもとから運ばれたのだそうです。
蘇我馬子の墓だというのは、『日本書紀』の推古天皇三十四年(626年)五月の条に「大臣薨せぬ。仍りて桃原墓に葬る」とあるため、蘇我馬子は「嶋大臣」(しまのおおおみ)とよばれていましたし、古墳のある場所が嶋の庄とよばれている事からです。

石舞台という以外に地元では「石太屋」(いしふとや)、「石蓋」(いしぶた)などの名前で呼ばれていたそうです。「
また石舞台とよばれるのは「狐が女の姿に化けて古墳の上で踊ったことから石舞台と名付けられた」というでんせつからきているそうです。


玄室の周りの盛り土がはがされているため、その形がどんな物であったかが、はっきりとはしていないのですが
2段になっており上部は円形であったと思われます。

下部については、方形であった可能性が強いのですが。八角形であったという説もあるそうです。

え!!八角形!?

と思った方もおられたはず。

というのも、昨年の末に話題になった
「牽牛子塚古墳」
今まで方形墳墓であると思われていたのが
調査の結果、実は八角形である事がわかり
斉明天皇のお墓であった事が確認されたというのです

以前は、天皇陵と言えば「前方後円墳」とおもわれていたものが
六角、八角も天皇、もしくは皇室関係のお墓であるというのです。

それなら、

石舞台が上円八角墳だとしたら、

埋葬されていたのが誰なのか?

いや、
もしかしたら、蘇我馬子は実は天皇だったのでは?

いろいろ想像(妄想)して楽しくなってきますw
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ダイモン

Author:ダイモン
なまえ;ダイモン
奈良生まれの奈良育ち
猫好きです、サラリーマンです。
猫雑貨作ってます。イラスト大好き

同居猫
クキナ キジ猫 ♀
マルコ 白猫 ♀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。